新型コロナウイルスの流行を受け、弊社の営業方針についてのお知らせ | 金沢カレーの元祖!カレーのチャンピオン【チャンピオンカレー】

NEWS

新型コロナウイルスの流行を受け、弊社の営業方針についてのお知らせ

2020 年 4 月 13 日

株式会社チャンピオンカレー

新型コロナウイルスの流行を受け、弊社の営業方針についてのお知らせ

 

●ご愛顧いただいているお客様へ●

いつもカレーのチャンピオン店舗をご利用いただき誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、わたしたちの社会全体で収束に向けた対応が迫られるなか、これまでも店舗の営業に関する変更点のご案内をいたしておりました。

この度、 改めて弊社の感染予防対策を下記にご報告します。

 

■各店頭で下記の対策内容を掲出します■

コロナ対応店頭貼出し

 

《全店共通の基本対応》

弊チェーン全店として、徹底実施を指示している対策は下記のとおりです。

・ 店頭に消毒用のアルコール設置

・ 出入り、作業ごと、こまめな手洗いの励行

・ 従業員就業前の体温の検温と記録付け(※ 37.5℃以上の場合、勤務不可)

・ 店内換気の積極実施

 

《店舗と状況に応じた対応》

店舗オーナー・責任者の判断に応じ、追加的に下記の実施判断をおこないます。

・ 座席を間引き、追加で席間距離をつくる

・ テイクアウトのみの営業

・ 時短営業、臨時休業

 

まず、現在罹患されている方々には一刻も早い回復を祈念し、これまでに犠牲となられた方々、ならびにご遺族様へは心からの哀悼の意を表します。

人命のかかる重大な事態に際して不必要な接触を避けることが強く求められており、弊チェーンとしても店舗の営業を継続すべきか検討を重ねて参りました。

ガイドラインのないなかで、行う事業が“不要不急“なのかの自己判断をしなければならないことは、率直に辛いものです。

一方、目に見えない感染のリスクを確実に根絶する場合、「営業しない」ことがもっとも有効な手段であることも承知しています。

 

そんな中、現段階では

(1)お客様の店内滞在時間が比較的短く、

(2)グループのお客様の利用率が低く、

(3)店員とお客様、およびお客様同士での接触機会が少ない

という店舗特性に鑑み、厚生労働省・新型コロナウイルス感染症対策専門家会議により方針として示されている《「密閉空間、密集場所、密接場面」を作らないこと》に最大限留意した上で、現状、感染リスクを抑えての営業継続の判断をいたしました。

様々なご意見もあろうと存じますが、基本対応を徹底しながら、立地自治体の判断や状況なども併せ個別の店舗ごとで追加の営業判断を行ってまいります。今後状況の変化に応じ、流動的な対応もあろうこと、予めご承知いただけますと幸いです。

 

●お取引いただくご関係者様・お客様へ●

平素より大変お世話になり、感謝申し上げます。 急ではございますが、令和 2 年 4 月 15 日(水)より当面のあいだ、下記の対応を取らせて いただくことお知らせ致します。

・ 店頭従業員、製造部署を除き、弊社事務所勤務の従業員は必要な最低人数を残した上で、 原則在宅勤務とします。

・ 電話、メール等のご対応は変わらず応対させていただきますが、万が一お問い合わせなどでつながりにくい場合などがございました場合、ご容赦いただけますようお願い申し上げます。

・ 大変恐れ入りますが、商談等事務所へのご訪問は対面の必要がある場合を除きご遠慮いただけますと幸いです。

 

業務の正常化時期につきましては事態の推移を踏まえ今後判断し、再度お知らせをさせて いただきます。

 

以上

2020年04月13日