チャンピオンカレー
メニュー 店舗検索

チャンカレとは

濃厚なカレーソースに旨味が凝縮した、
チャンピオンカレー。
北陸では身近な存在として
知られていますが、
実は60年以上の歴史ある味。
前身である洋食店から培ってきた
味わい深さを、
専門店の誇りを胸に、
頑なに守り続けています。

01

創業昭和36年
元祖金沢カレーの店

私たちの歴史は、創業者である田中吉和が1955年頃に原形となるカレーレシピを考案したことから始まりました。その後、チーフコックとして在籍したレストランの同僚や弟弟子たちにカレーレシピを教えたことをきっかけとし、石川県では同スタイルのカレー店が同時期に相次いで創業しています。チャンピオンカレーの前身である「洋食のタナカ」も、1961年に創業。1971年には洋食店からカレー専門店へと新装オープンし、以降商号の変更を経て今に至っています。特徴的な提供スタイルは、洋食店時代に人気のあったカレーと豚カツの定食を、一緒のお皿にまとめて提供し始めたことがきっかけ。

現在の金沢カレーにつながる特徴は、洋食店時代の名残なのです。60年以上に渡り、地域のお客様を中心に、熱狂的な人気を集めご愛顧いただいています。

02

受け継ぐ味、
時代にあわせ
進化し守り続ける

歴史あるチャンピオンカレーの名に、そして何より長くご愛顧頂いているお客様に恥じないよう、日々お客様に自信を持ってお出しできるカレーの提供を心がけています。また、培ってきた伝統をベースとしながらも、いつまでも必要とされる会社であるため、変化を恐れないクリエイティブな人材を集められる企業を目指します。フードサービス業の常識や垣根にとらわれず、作業効率の追求以上に、一人ひとりの働き方や創意工夫する楽しさを大切にする企業でありたいと考えています。

味覚の面では、客観的な数値に基づく検査で品質管理を行うのはもちろん、この種のカレーを考案し、長年の営業経験に携わるなかで培った、「チャンピオンカレーらしさ」という感覚を大切にしたいと考えています。私たちのカレーには種々の可能性があり、色々なアプリケーション商品の開発も積極的に検討されています。その中では、多様化するからこそ「チャンピオンカレーらしさ」を失わないように、長年私たちが提供させて頂いていた価値についての議論を行いながら、安易な商品を作らないための「らしさ」の感覚を大切にしていきます。

03

石川県民の
ソウルフード
全国へ徐々に広がる
チャンカレ旋風

最も特徴的なのは、ドロっとした質感で、深いブラウンの色合いをもつ濃厚なカレーソース。
トップシェフであった創業者が作ったそれは、野菜や肉が煮溶け、一般的なカレーにはない重厚な味わい。

石川県を中心として北陸地方では、家庭で食べる“おうちカレー”や、一般的な欧風カレーとは全く違う「ここにしかない味」として、地域のお客様からは変わらないご愛顧をいただき、ソウルフードとして親しんでいただいております。

現在チャンカレは全国で30店舗。カレー専門店展開のほか、チルドパックやレトルトカレーの販売も手掛け、この味を全国のお客様にお届けし、一食一食を通した「楽しさ」「美味しさ」「食の安全・安心」をご提供し、より良いフードサービス業を目指します。

店舗数は2022年7月1日時点。フランチャイズ店・ライセンス店含む

社名の由来

『チャンピオン』という名前には
「カレー業界のチャンピオンになりたい」
という思いが込められているほか、
語感・響きが小気味よかったことと、
創業者田中のゲンを担ぐ癖により
名付けられました。

「“ン”が付くのは“運”が付くことに通じる」
という旧いゲン担ぎから、
「“ン”が2つ付くから、より良い」
として名付けられました。

チャンカレトリビア

知る人ぞ知る、
チャンカレトリビアをご紹介。
全部わかったあなたはチャンカレマニア!

チャンカレのカレ、
誕生秘話

2022年にリニューアルした「チャンカレのカレ」。誕生したのは1996年で、デザインは2代目社長によるものです。デザインノートには色んなデザインを描いて構想を練った後が残っています。

デザインの構想

今となっては、もうこのキャラクターしか考えられないですよね。2022年リニューアルでは、時代に合わせて目をぱっちりさせ、バランスを見直しました。新しい「チャンカレのカレ」もどうぞよろしくお願いいたします!

描き手によって個性が光る「チャンカレのカレ」。
あなたはどのカレが好き?

これまで様々なデザイナーさんなどにも描いて頂いた「チャンカレのカレ」。地元石川県のアーティストKENTOOさんに描いていただいたカレはPOPでTシャツなどのグッズとしてもとても人気があります。また現社長が描いたカレはとてもかわいい仕上がりで、直営店の玉鉾店と富山新庄店にて使用されています。このほか、アメリカの店舗のカレはちょっとワイルドと、実は色んな顔を持つカレです。

カツカレー(Mサイズ)のソースが
1本ラインだって知ってましたか?

チャンピオンカレーの看板メニューといえば「Lカツカレー」。波なみのソースがかかったカツが濃厚なカレーと合わさってさらに美味しさをアップさせます。でも、少し小ぶりの薄いカツが特徴の「カツカレー(Mサイズ)」のカツは1本ラインのソースなんです!これは、ソースとカツ、カレーのバランスを考えて、波なみにかけてしまうとソースが多すぎるから1本のラインとなっているんですよ。Lカツも好きだけどサクサク感が楽しめるMカツの方が好き!という方も多くいらっしゃいます。是非食べ比べてみてくださいね!

もっと詳しく
「チャンカレ」を
知りたい方は
「金沢カレーの歴史」も
ぜひご覧ください!
金沢カレーの歴史