おいしさの理由 | 元祖金沢カレーを通販で【チャンピオンカレー】

REASON

LIKE NO OTHER, IT’S CHAMPION’S.

チャンピオンカレーが長く愛される理由。

チャンピオンカレーが長く愛される理由。

“金沢カレー”のルーツとして特に創業地域のお客様から親しまれています。 昭和36年「洋食のタナカ」としての創業以来、チャンピオンカレーの代名詞として受け継がれてきたのが、独自のカレーソースです。ドロッとしたテクスチャーと濃縮された旨味の強い独特のカレーソースは、日本の洋食文化を基本から学んだ創業者である洋食のシェフ、田中吉和が研究の末に考案し、受け継がれてきたもの。創業の1961年以来50年以上の歳月が経ちますが、地域のお客様からは変わらないご愛顧を頂き、ある種のソウルフードとして親しんで頂いています。

一度食べたらクセになる独特の旨味。

一度食べたらクセになる独特の旨味。

一度食べたら忘れられない独特な旨味の秘密は、自社で独自に開発したオリジナルのルゥにあります。洋食を熟知した創業者が考案したこの味は、適度にスパイシーで、コクと深みに富んだ独特の旨味を持つのが特徴。この味を守っていくため、手間暇をかけてルゥから自社で独自に仕込んでいます。職人の経験と技術から生まれた味を頑なに守り続けるこだわりが、他のカレーにはない独自のあと引く旨味となって受け継がれています。

品質を担保するのは、つきつめれば信頼関係だと思います。

品質を担保するのは、
つきつめれば信頼関係だと思います。

自社で扱う食材に対しては、産地・メーカー・製造工程など基本情報を明確にし、把握ができたもののみ使用しています。ウインナーなどの主だった加工品は、実際に工場に足を運んで、直接やりとりをしながら選定しています。食材を仕入れる取引業者さんを価格だけで選定することはしません。食品は工業品と違って、全くの同一規格のものが大量に作れる訳ではありません。また、加工工程に人が介在するケースが多い為、ヒューマンエラーをゼロにすることは努力目標ではあっても、現実的ではありません。ですから、私たちはお客様に食品を提供する仲間として、私たちの品質に対する検証や必要に応じた改善提案と、信頼関係に応えて頂ける業者さんだけと取引したいと考え、食材や会社さんを選定しています。何百店舗とある巨大なチェーンではないからこそ、できることもあります。

レシピを受け継ぎ、未来へつなげる者として。

レシピを受け継ぎ、未来へつなげる者として。

味覚の面では、客観的な数値に基づく検査で品質管理を行うのはもちろん、この種のカレーを考案し、長年の営業経験に携わるなかで培った、「チャンピオンカレーらしさ」という感覚を大切にしたいと考えています。私たちのカレーには種々の可能性があり、色々なアプリケーション商品の開発も積極的に検討されています。その中では、多様化するからこそ「チャンピオンカレーらしさ」を失わないように、長年私たちが提供させて頂いていた価値についての議論を行いながら、安易な商品を作らないための「らしさ」の感覚を大切にしていきます。

食品の安心・安全を高度な衛生管理手法で保証。

食品の安心・安全を高度な衛生管理手法で保証。

チャンピオンカレーのルー及びソースを製造する白山工場は、平成18年に“HACCP手法支援法”に基づく高度化認定を受けています(指定認定機関:社団法人 日本惣菜協会)。HACCP(ハサップ)とは、“Hazard Analysis and Critical Control Point”の略で「危害分析重要管理点」と訳されます。国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)が合同で作った食品規格(CODEX)委員会によって発表された、 食品製造における安全管理手法です。 原料入荷から製造・出荷までの工程について危害予測を行い、危害防止のための重要管理点を特定し、管理します。